自社採用サイトへ求職者を効率的に集客!
応募数を確実に増やすために基本施策

自社専用の採用サイトや求人コンテンツといったオウンドメディアを立ち上げた後、求職者の集客やサイトのアクセスアップ施策が次の課題となります。採用サイトに効率よく求職者を集めるには4つの基本的な施策があります。せっかく採用サイトを作ったとしても集客を怠っては誰も応募してくれませんし、応募してくれる方がいなければ採用にもつながりません。まずは基本をしっかりと対策して採用サイトへの集客力を強化していきましょう。

採用サイトへの集客力アップに向けた基本施策

だれでも簡単に自社採用サイトが作成できるモッピージョブクラウドなら検索エンジン対策(SEO)やIndeedへの原稿読込にも対応、セルフサービス型の求人サイト作成サービスとなっています。

コーポレートサイト・サービスサイトから貴社ファン層を囲い込み!

コーポレートサイト(企業サイト)やユーザー向けのサービスサイトにおける採用コーナーから、自社採用サイトへのリンク導線は確保されていますか?これら貴社サイトを閲覧しているユーザー=「貴社に対して興味を持っているユーザー」や「貴社のファン」である可能性が高く、採用サイトを見てくれさえすれば応募して頂ける可能性も高い貴重なユーザーとなります。

企業が運営しているサイトから採用サイトへ誘導する際、リンクの貼り方にもちょっとしたコツがあります。採用サイトのトップページへの誘導は大切ですが、ユーザーが見ているページによっては、各個別の店舗求人ページに誘導してく必要もあります。モッピージョブクラウドなら、ご利用中のお客様に対して、貴社コーポレートサイトからの適切な誘導方法などについてもご提案可能です。

企業ホームページ内に採用メニューとしっかり連動

コーポレートサイト内に採用メニューを設置している会社様は多いかと思いますが、その先のページ内容が、雇用種別に概要だけ書かれた簡単なペラ1枚。。。といった企業様も多いのではないでしょうか?これでは、せっかく会社やサービスに興味を持って訪問してくれたユーザーの期待を裏切り、企業イメージのダウンにつながりかねません。

企業ホームページ内の採用メニューからのリンク先には、各企業の仕事情報が雇用形態別・職種別・サービスブランド別など体系化された採用専用コンテンツのトップページを設定することが大切です。

サービスサイト・ブランドサイトやブログページとも連動

各サービスごとのサイトやブログサイトなどには企業にとって大切なユーザーが訪問してきます。各企業のファン層に対して貴社の求人情報を適切に伝える事は、貴重な人材を確保する事にもつながります。例えば、サービスサイトにおける各店舗のページには、対応する店舗での求人情報ページをリンクしておくなど、ちょっとした手間をかけるだけで採用サイトへのアクセス数アップならびに応募者数アップにつながります。その他、店長ブログなどからも求人募集の情報を掲載するなど積極的な情報発信を行うことが大切です。

検索エンジン対策(SEO)を通じた集客力アップ

自社採用サイト構築サービス「モッピージョブクラウド」なら有料版・無料版問わずGoogle等の検索エンジン対策(SEO)にも対応。企業名はもちろん、サービス名やエリア情報など貴社関連ワードと求職関連ワード(アルバイト、パート、求人など)の掛け合わせといった様々なキーワードから集客可能な構成となっております。

<集客対象ワード別の誘導先ページイメージ>
・貴社名およびサービス名 採用サイトトップページ
・貴社名およびサービス名×エリア情報 採用サイト各検索結果ページ
・拠点名・事務所名・サービス店舗名 各個別原稿ページ

検索エンジン対策を意識したトップページコンテンツや原稿情報の書き方などについても、当社専任スタッフがサポートさせて頂きます。

Indeedをはじめとした求人検索サイトを有効活用

採用サイトへの集客ツールとして欠かせなくなったIndeedをはじめとする求人検索サイト(アグリゲーションサイト)をどのように活用するか?モッピージョブクラウドなら主要求人検索サイトへの求人情報提供もスムーズに行うことが可能です。
モッピージョブクラウドで構築した採用サイトなら一般的なクローリング方式による原稿読込だけでなく、XMLフィードによる迅速な掲載と情報更新にも対応可能です。
またIndeedだけでなく今後、日本にも進出が予定されている「Google For Jobs」への対応が可能です。「Google For Jobs」に対して求人情報をポスティングするために必要とされるschema(スキーマ)によるマークアップなどにも対応していく予定です。

Indeed対策の第一歩は正確な求人情報の提供から!

求人検索サイトの代表格とも言えるIndeed。そもそもIndeedとは何か?一言で言うと「求人に特化した検索エンジン」という表現が一番正しくわかりやすいかと思います。Indeedを利用する求職者は、「キーワード」と「働きたいエリア」という2つの情報を入力し、その情報と合致した求人情報が検索結果として表示されるといったサービスです。
そのため貴社求人情報をIndeedに対し正しく提供しないと、Indeed側の検索結果にも正しく表示されない、もしくは表示すらされないといった状況になってしまいます。
モッピージョブクラウドでは、Indeed側が求人情報を取得する際に必要とされる「会社名」「店舗名」「住所情報」「職種分類」「雇用形態」「給与情報」「仕事内容」といった情報を正しく伝えるための機能が備わっています。
※実際にIndeedへのご掲載にあたり、上記項目以外にも必要項目が発生する場合もございます。予めご了承くださいませ。

採用ニーズに応じてスポンサード広告枠を有効活用

求人専門の検索エンジンであるIndeedは、Googleと同様に「オーガニック検索からの流入」と「スポンサード広告からの流入」の2つの集客経路が存在します。オーガニック検索結果についてはGoogleにおけるSEO対策のように何らかの施策を講じる事で掲載順位を向上させ流入数を増加させることは難しい状況となっています。しかしスポンサード広告については、Googleアドワーズ広告やYahooスポンサードサーチ広告と同様の運用型広告に分類される広告形態となるため、募集店舗や採用ニーズに応じご予算の範囲で求人募集を行うことが可能です。
モッピージョブクラウドをご利用頂いている企業様を対象として、当社ではIndeedスポンサード広告枠の運用代行サービスをご提供しております。中長期的に広告効果を向上させる事に主眼をおいた運用方法を各企業様の求人ニーズに応じご提案させて頂きます。

QRコードを使ってリアルからも集客

アルバイト募集の貼紙やポスターを店頭で展開している企業様は多数あるかと思います。飲食店や小売店といった毎日多くのお客様が出入りする店頭は、非常に有効な広告宣伝場所となります。バイト募集の貼紙には電話番号は記載されているケースが多いですが、QRコードを使ったネットへの誘導をされている企業様はまだまだ多くはないのが現状です。店頭の貼紙だけでなく、客席のポップ、レジ周りなど、なるべるお客様との接触時間が長くなる場所で、求人募集の告知を行っていきましょう。
モッピージョブクラウドではQRコードを簡単に発行し、店頭ポスターなどで告知する事も可能です。貴社採用サイトのトップページや店舗ごとの求人募集ページに店舗から効率良く集客する事で、応募者増加を実現できます。

モッピージョブクラウドなら
無料で自社採用サイトを立ち上げられます!